2021/9/15 二十世紀梨をいただく。

海士町複業協同組合の職員や事務局を合わせると10人近くになるのだけれど、その全員が島外出身者だったりするため、「実家から小包が届きました」「地元から小包が届きました」といった具合に、津津浦浦の産品が集まったりする。今日はそんなこんなで、なっちゃんが「おばあちゃんから梨をいただきました」と事務所に梨を持ってきてくれた。

梨。それも二十世紀梨。僕の梨のイメージは二十世紀梨しかなかったから、純粋に喜んだ。一個一個袋に入れられた梨、直前まで冷蔵庫で冷やされた梨、そして滴るほどの果汁、シャリシャリ感…。どれをとってもデリシャスだった。仕事の合間に食べるにしては贅沢過ぎる代物だった。

僕は、いい職員に囲まれているな、と思った。