2020/3/10

1日目の講習は17時前に終わった。


夜は、小学校からの同級生のりっちゃんと飲む約束をしていた。ホテルから歩いて、りっちゃんが予約してくれたおでん屋さん「庄助」に向かったら、予定よりも10分早く着いた。りっちゃんはすでにいた。

4人で予約してくれていて、りっちゃんが誰を呼んだのかは知らなかったけど、まず、勝部が来て、それからかとちゃんが来た。

「おまえかいっ」となった。


浮気、離婚、借金、騙す男、見る目がない女、重い女たちがもたらす不穏な未来、どうしようもない人を好きになってしまう話などの超絶エピソードがたくさん飛び出し、爆笑した。生き様が出ていた。

こうやってまた集まって話をすることで、ここが僕の地元であることを感じることができた。

二軒目は、同級生がママをやっている伊勢宮のスナックへ行った。ハイボールを飲んだ。このあたりから記憶が削られていて記憶が曖昧だけど、帰り際にママ(同級生)がおっぱいを押し付けるが如く熱烈なハグを何度もしてくれて、僕は素直に押し付けられて、「お、おっぱいが押し付けられている!!」と思春期みたいに騒ぎながらほのエロい幸せを感じていた。

僕は、なんてチョロい男なんだ、と思ったけれど、それ以上にやっぱり、おっぱいって、すげえなと思った。


ハイボールが濃かったのかベロベロに酔っ払ってしまい、ホテルに戻ったらダウンを着たままベッドで寝ていた。