2020/10/16

準備したプレゼンを発表する。

言葉にすると「それだけのこと」なのだけれど、苦手なことだと「それだけのこと」で処理ができないのが現実だったりする。何度練習しても不安が拭える感覚は得られないし、練習を何度もするよりも実践を数回こなすほうが自信がつく。でも実践なんてそうそうやる機会がない。苦手意識は、実践の回数の圧倒的に足りなさから不安や自身の無さに繋がり、それが苦手意識になると思う。でも、苦手意識があったら実践なんて恐ろしい。

負のスパイラルとはこういうことで、ようはあれこれ考えずにまずはやってみる、だ、俺。