2020/10/14

鯛が手に入ったということで、鍋をする。

食材が手に入れば人が集まるという習慣が、僕の島の暮らしではお馴染みとなっている。配るお裾分けとは違い、それひとつでみんなが集まる共有という形。要は集まる理由に過ぎないのだけれど、美味しい食材をみんなで共有しながら、いつものようにお酒を飲みながら過ごす時間は、いつも記憶が曖昧になるまで酔っ払ってしまうけれど、楽しい。

シェアという概念が普及しつつも、シェアという言葉に含まれる「分かつこと」と「共有すること」は、同じなようで違うような気がした。