島について

2019/10/25

昨晩はスナック「四季」で飲んだ。藤尾の震えるような超高音の歌声で歌うあいみょんのマリーゴールドに、恒光さんが「コウモリかよ」ってツッコミを入れてた。そんな恒光さんは、そのあとにサビしか歌えないのに米米CLUBの「浪漫飛行」を入れて、気持ちよさそうにサビだけを歌っていた。サビ以外は僕が歌ったけど、歌っていて一番気持ちよくなるはずのサビだけを歌わせてもらえない僕は、歯痒い気持ちを肴にビールを呑んでいた。楽しかった。

藤尾は米米CLUBのことを「よねよねくらぶって何ですか?」と、言ってたので、藤尾はまだまだ、知るべき、知らない世界がたくさん広がってるな、と思った。


帰った時間は早くて、22時半には家についていた。帰ると、本と一緒に手紙が届いていて、うぉ、堪えきれん…って感じで涙が出た。ごめんとありがとうの気持ちが、溢れ出た。愛が詰まってた。

気が疲れまくると、一番大事な部分から疎かになってくる。うまくいかない物事や逃げ出したくなる物事にこそ、大切なものがあるんじゃないかとつくづく思う。


30代に突入したせいか、涙腺がどんどん弱くなっている。映画で泣き、本で泣き、手紙で泣いて、たまにスナックで泣かされて、最近、泣いてばかりだ。でも、笑い泣きも増えた。